category: 予言的予告  1/3

嫌な雰囲気

No image

時代は繰り返される。今の時代を読むなら大正から昭和初期を知ることだ。何があり、どうなったか?日本の未来がそこにある。わからないならわからないでいい。いずれ嫌でも知るようになる。それがどういう時代か?今は知らないほうがいいのかもしれない。...

  •  0
  •  -

レベル

No image

高いレベルが困難だからと言って低いレベルに合わせると、すべてが低いレベルになる。「モノづくり」にかかわるすべての人は理解できよう。それと同じように低いレベルに合わせた政治や社会は低いレベルの人間性、社会性を助長し、肥大化させる。それが日本の現状だ。そしてその性格上、一旦その道を進むと引き返すことは絶対にできない。それは歴史が物語っている。低いレベルに落とされた社会はやがて混乱とカオスへと導かれる。...

  •  0
  •  -

乖離

No image

これまでの日本は均一の社会であった。戦後、有能な経営者が自らの犠牲とともになしえた「1億総中流」社会も、「競争社会の肯定」と、「年功序列崩壊」とともにすでに過去のものとなった。いま日本は貧困層と富裕層の格差は確実に大幅に拡大しつつある。この乖離は今後もさらに拡大するだろう。経済的格差と同時に現れたのは教育的格差だ。これはやがて精神的格差に広がるだろう。(もう始まっているが)格差の拡大は社会を不安定...

  •  0
  •  -

精神的格差

No image

教育システムの崩壊は精神的格差の拡大を意味する。すでにこの国に見られるモラルの崩壊がその先達であろう。「私」しか考えられない思考は社会維持には不毛でしかない。「自由」と「無頼」の違いさえ、理解できない教育に何の意味があろう?考えることを放棄するなら「獣」の道を歩むことになる。一方で精神的「気づき」に目覚める人も増える。考えることのできる人はこの「気づき」に目覚めることになるだろう。かくしてこの社会...

  •  0
  •  -

堕落の連鎖

No image

堕落した社会は堕落した人間を量産する。それが堕落の連鎖だ。倫理の崩壊は「堕落の連鎖」の象徴である。堕落した教育、堕落した家族形態。その結果がこの現実だ。まだまだはじまったばかりだ。奈落の底は深い。...

  •  0
  •  -

見えないものがないというのは、、、

No image

そこにあるのに見えないから調べもしないでないと言う。いまだに垂れ流しの汚水があふれているのに収束済み?食べて応援、あると風説、あるものでもないと言うのが健全らしい。なんだかな。見えないものが見えたとき。それではすでに手遅れなのだよ。誰も本当のことを教えてくれないから、知らないのならそれでいいのかな。...

  •  0
  •  -

魂を売る奴ら

No image

カネに目がくらんで魂を切り売りする奴ら。そもそも「カネの意味」など考えたことのない哀れな人たちだと簡単に想像できる。だからこそ「カネをつくった」奴らの「富の悪魔的独占」を許容し、「カネの奴隷」を自ら好んで選択する羽目になっているのだろう。実に馬鹿馬鹿しい「カネの仕組み」を知るなら、この世の人類のほぼすべての罪悪を知ることができるだろう。それほどにカネとは詐欺的であり、独占的であり、支配的であり、排...

  •  0
  •  -

想像力の欠落

No image

この国の重要な組織の「想像力の欠落」はもはや白痴でしかない。止まるあてのない汚染を収束したといい、増え続けるだけの汚染水を簡易容器に貯めておくだけの対策しかできない奴らだ。彼らが「絶対に安心安全で、壊れることなどない」といった建物がもろくも壊れながら、誰も責任を取らない詐欺師集団であることをもうお忘れか?それなのに、、、。詐欺師に現場を任せたらどうなるのか?想像がつかないのかい?まったくあきれるほ...

  •  0
  •  -

破綻理論に基づく国家構造

No image

そもそも現在の国家構造、税金+借金をもとに運営する構造はたぶん当初から破たんした理論だったと思う。現在の国家構造の一番の元凶は借金ができる構造にあると断言しよう。理想的な国家構造は借金ができない構造で運営されたときのみに可能なのではないだろうか。しかし借金できない構造はとても困難が伴う。借金は麻薬なのだ。楽をとると楽に溺れる。それが今の状況を作り出していると思う。だから再三言われる財政再建はただの...

  •  0
  •  -

本音と建て前

No image

嫌な世の中だ。建て前ばかりが独り歩き。本音を言う人は貶められる。そんな時代があったよね、、、と。時流はあの時代と同じ。わからないなら仕方ない。そうして暗黒の時代は始まる。ああ、あの頃の時代の雰囲気にそっくりだ。ああ、去年よりもますます増大している。流れの淀んだ水が腐るようにますますこの世は腐り始めている。光が現れるのは暗黒を過ぎた後だ。...

  •  0
  •  -