category: 幸福論  1/2

さがしもの

No image

さがしものが見つからないのは探しているところが違うからなのかもしれない。さがしているものが「物」なら白黒をつけられるけど、「幸福」なんてものなら目には見えないもの。周りを見渡してみると自分以外の皆が、そのさがしものを手にしているように見えるけど、、、それは本物?そのさがしものが「幸福」なら本物は自分の「外側」にはなく、「内側」にしかない。「外側」ばかりを見ているからいつまでたってもそのさがしものは...

  •  2
  •  -

幸福な人

No image

他人との比較は人を不幸にする。自分の内に価値を持つ人は幸福だ。キリのない欲は人を不幸にする。自分の内に満足を知る人は幸福だ。成長することにこだわることは人を不幸にする。成長するのは自分の内のものであることを知る人は幸福だ。ただ生きることに縛られ、生きる意味を知らぬことは人を不幸にする。死を知り、やがて迎えるだろう死を見つめ、生きることの意味を考える人は幸福だ。外にあるものと内にあるもの。見えるもの...

  •  0
  •  -

内にあるもの

No image

「幸福」になりたいと思うのになぜ幸福以外のものを求めるのか?お金、キャリア、異性、権力、地位名誉でも、それらは「幸福」ではない。お金はただの紙きれと数字キャリアはただの履歴異性はただの他人権力はただの自己誇示地位名誉は何もないひとのただの勲章あなたが思う「幸福」は探しているそこにないんだ。だからいつまでたっても見つからない。「幸福」のありかはどこだろう?わからない?自分の一番近くにあるのに。「幸福...

  •  0
  •  -

やさしさ

No image

「やさしさ」にもいろいろある。「やさしく振る舞う自分が好きだからやさしくする人のやさしさ」。「その場だけの言葉でやさしくするだけのやさしさ」。世間で最近多い「やさしさ」にはこんなものが多い。本当の「やさしさ」とはその人のことを真剣に思いやることだ。でも、その人の将来やためを思って振る舞う「やさしさ」は見た目に刹那にやさしくないと思われることが多い。だから多くの人は「すぐにわかるやさしさ」にはしるの...

  •  0
  •  -

幸福のありか

No image

「幸福」はどこにあるのだろう?それは「自分の内」(心)である。ただ、それに気づく人は少ない。いくら幸福の環境にあっても「幸福」を自分の内で感じられないならばそれは幸福ではないことになる。つまり、「自分の外」(現実)にあるものは「幸福の種」だけであって、それを「幸福」にできるのは自分の内だけなのだ。(自分の内をおざなりにしていくら自分の外で「幸福」を見つけても見つからないのはそのためだ。)「幸福の種...

  •  1
  •  -

「好み」の差

No image

好きか?嫌いか?なんかは「好み」の差だけですね。美人、美形でも「好み」でなければ好きにはならないし、特に見た目に優れたところがなくても「好み」に合えば好きになる可能性は高いでしょう。仮に「見た目が美形しか好きじゃない」人の選んだ異性は浮気の不安が付きまとうでしょうし、その美形は年と共に朽ち果てるものですからそれを受け入れなくてはいけません。どうしても維持したいという人には整形や高い美容用品が必要で...

  •  0
  •  -

本当に大切なもの

No image

多くを求めすぎて本当に大切なものを見失うことが多い。例えば幸福なんかがそうだ。幸福はお金でなんか交換できないのをわかっているはずなのに、お金の量にこだわり続けて自らの近くにある幸福を遠くに追いやっている人が多い。求める自由があり、求めることが当然という時代なのに、なぜか多くの大切なものを失っていると思わざる負えないのは自分の許容量を超えて多くを求めすぎているからだ。「求めること」は「欲」の一種であ...

  •  2
  •  -

生きやすさ

No image

「生きやすい」のが「幸福」なのではない。「生きやすい」から「幸福」になれるわけでもない。「生きやすさ」ばかりに目を奪われると「幸福」からどんどん離れてゆく。なぜなら「生きやすさ」は人に傲慢さを生じさせ、孤立を生むからだ。「幸福」と「生きやすさ」 この2つには何の関連性もない。あなたにとって本当に必要なのは「生きやすさ」なのか?それとも「幸福」なのか?...

  •  0
  •  -

幸福と知識

No image

「幸福になりたい」と言って知識を求める人がいる。でも、知識と幸福とは別のものだ。知識は「幸福」を得る手段にはなりうるが、なくても「幸福」は得られる。そもそも「幸福とは何か?」「幸福」とは私が、あなたが、「微笑むこと」である。「温かい温度を心で感じる」だけである。そこに本当は知識などいらない。必要なのは、誰もが微笑む思いと言葉と行動だけだ。「知る」のではなく、「感じる」をもっと大切にして、心に感じた...

  •  0
  •  -

「幸福」の選択

No image

いろいろと考えていたのだけど、「幸福」というのは自分で選ばなくてはいけないものだと思うのです。だから、自分にとっての「幸福」とは何か?を考えていないと、「幸福」があるのにそれを選べないということがあると思うのです。「幸福になりたい」と言っているのに、自分自身の「幸福」とは何かを考えていないのなら、「幸福になる選択」ができない。進学であったり就職であったりに当てはめればその意味するところが明確になる...

  •  0
  •  -