第十三章 世の中

167 下劣なしかたになじむな。怠けてふわふわと暮らすな。邪な見解をいだくな。世俗のわずらいをふやすな。

169 善い行ないのことわりを実行せよ。悪い行ないのことわりを実行するな。ことわりに従って行なう人は、この世でも、あの世でも、安楽に臥す。

170 世の中は泡沫のごとしと見よ。世の中はかげろうのごとしと見よ。世の中をこのように観ずる人は、死王もかれを見ることがない。

[真理のことば(ダンマパダ)中村 元訳 ]



人生は短い。ゆえに怠けフワフワと暮らすな。悪い行いをせず、善い行いをすればこの世からの離脱に際して何も恐れることはない。


注:この記事は右のカテゴリ(ダンマパダ)の中にある過去の記事を新たな自分のコメントを加え、再投稿するものです。


これらの言葉にダンマパダの主張が凝縮されていると思うのです。

死までの時間は長いようで振り返ると泡沫のように短いものなのだから、のんびりと構えている時間なんかないのだよと教えているのです。

だから、悪い行いをせず、善い行いだけをするよう常に心掛けていれば、死を前にしても恐れることもなく安穏としていられるということなのです。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント