第十九章 道を実践する人

262 嫉みぶかく、吝嗇(ケチ)で、偽る人は、ただ口先だけでも、美しい容貌によっても、「端正な人」とはならない。

263 これを断ち、根絶やしにし、憎しみをのぞき、聡明である人、──かれこそ「端正な人」とよばれる。

264 頭を剃ったからとて、いましめをまもらず、偽りを語る人は、<道の人>ではない。欲望と貪りにみちている人が、どうして<道の人>であろうか?

265 大きかろうとも小さかろうとも悪をすべてとどめた人は、もろもろの悪を静め滅ぼしたのであるから、<道の人>と呼ばれる。

[真理のことば(ダンマパダ)中村 元訳 ]




人を判断するのに重要なのはやはり「行い」であると思うのです。

いくら口ではよい言葉ばかりを並べても、それを行わないのなら信頼されないでしょう。

逆に口に出さなくても善い行いを続けるのなら、その人は善い人であると判断できます。

心で善くないことを思う人は例え言葉ではごまかしても、行動にはそれが表れてしまいます。

つまり「行動」は、嘘をつかないということです。



(もっとも、世才の長けた詐欺師であったなら、善心にそぐわぬことも、言葉を巧みに操り、最初は善い行動をして見せるでしょう。しかし、すぐに化けの皮が剥がれて目的(金や名誉)を遂げようとします。それが彼らの目的だからです。金や名誉を要求した時点でその人の行いを疑うべきでしょう。)


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント