第二十章 道

277 「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

278 「一切の形成されたものは苦しみである」(一切皆苦)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

279 「一切の事物は我ならざるものである」(諸法非我)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

[真理のことば(ダンマパダ)中村 元訳 ]



諸行無常、一切皆苦、諸法非我は四法印(しほういん)の内の3つらしいですね。これに三法印にある涅槃寂静を加えれば四法印です。まあ、呼び方なんてどうでもよいことですが。

簡単に言えばお釈迦様の教えの根本ということです。

「この世のすべては変化するものであり、また自分の思い通りにはならないものだ。ゆえにこの世のすべては苦なのである。この道理を知って絶対的な静けさの中にある涅槃(悟り)を目指しなさい。(涅槃には移ろうものはなく、意にそぐわぬものもない。ゆえに苦もない。あるのは静寂そのものである。)」、、、、、ということです。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント