私流「袋わけ」家計管理法

私はノートに家計簿をつけておりますが、家計の管理は予算別の「袋わけ」を実行しています。(詳しくは「袋わけ家計簿」でググるといろいろ出てきます。)

特に毎月10万円で暮らすとか限られた予算の中でやりくりをしたい方には最善の方法かと思います。そこで、「袋分け」ってよく聞くけど本当にやってる人いるの?どんな風にやってるの?というような疑問の参考になるかもしれないので私流の袋分け家計管理法をザックリと紹介したいと思います。( ̄^ ̄)ゞ



私流の袋分け家計管理法は、月初めにすべての予算を項目別に分配し、必要分を「袋分け」してしまいます。


まずは家計簿の項目ですが下記のとおりザックリです。6項目別に予算を分配します。

○食費(主に生鮮品)
○雑費(調味料・乾物や雑貨類)
○こずかい
○ガソリン代
○カード支払い(光熱費、通信費等定期支払分)⇒銀行口座入金
○定期支出積み立て(車関連積み立て、灯油代、米代などの積み立て)

上記の項目の中でさらに袋分けをしているのは

○食費(主に生鮮品)(5週分の袋分け)
○定期支出積み立て(車関連積み立て、灯油代、米代など各項目別に袋分け積み立て)

以上、細かいようですが、意外とザックリではないでしょうか?いや、細かいですかね?w



私の家計簿と「袋わけ」家計管理法は試行錯誤の末、私に合わせた管理方法です。

もしも目標(例えば月10万円とか)があるのなら限られた金額でやっていかねばいけないのですから、使えば予算がなくなるという見える形にするのがいいのです。こうすることによって使いすぎが目に見えますから、使い過ぎを自覚でき、それが節約しなければいけないという注意でもあるわけです。

でも最初は「袋分け」というよりは家計の予算の配分方法を決めるのが難しいです。これをどう自分の予算、支出に合わせるかがカギになると思います。もし興味がある方がいれば、また私流の「予算の配分方法」も紹介したいと思います。コメントしてください。




関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント