他人に興味がない

私は他人に興味がない。

全くないと言ったら嘘になる。

正確には私は他人に興味が少ない。

しかし、それはどうでもいいことではある。



今この国は国そのものの存続さえも危ぶむ状況にある。それなのに何もできていない。

この国の未来に希望は見いだせない。

ますますこの国は混沌とするだろう。

ますます貧富の差が広がり、犯罪が増えるだろう。

ますます人々の心の格差が広がるだろう。




だから、その前に私は考える。




なぜ人はこの世に生まれるのか?

人はこの世で何をなすべきか?何をなさざるべきか?





つまらないことに係わりたくない。

他人との比較は患いを増やすだけだ。

空虚なことは本質ではない。




必然的に他人に興味が少なくなる。




ただ私は私の「なすべきこと」と「なさざるべきこと」をしないようにするだけだ。




とはいうものの、この世の世間は今も昔も変わらないのかもしれない。

「そこで自分がどう生きるか?」

それこそがこの世の本質なのかもしれない。









その思索が役に立つときはすぐそこにある。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ

  • CATEGORY
  • COMMENT0

0 Comments

コメント