存在

見えないから「存在しない」ということではない。

見えるからとて「存在している」ということでもない。

目を閉じれば何も見えなくなるが、目を開けば今まで通りの現実が存在しているはずだ。

TVモニターに映された映像にそこは存在するが、モニターに存在するわけではない。

「ある」と思っても実は存在せず、「ない」と思っても実は存在する。

そんなことがこの世には普通にある。

「それを「知る」か「知らぬか」の違いだけ」ということもとても多いのに気がつけるだろうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント