この世は自分の為にある

「この世は自分の為にある」


こういうと安易に「ならば何をしてもいいのか?」と返答される。

ならばこう言おう。「善悪の彼岸を知っているのか?(善悪を越えた真理)」と。

この世の善悪に囚われているならまずそこから解放されることだ。

もし解放されたのなら、その時またこの言葉を思い出すがいい。



「この世は自分の為にある」


この世に生まれたあなたは、自分自身がこの世の主人公である。

だから本や映画に主人公のすべての感情、言葉、行動が記されているのと同じように、この世で示したあなたの感情、言葉、行動の責任はすべてあなた自身に帰属するものとなる。



「この世は自分の為にある」


すべての物語には始まりがありそして終わりがあるように、あなたのこの世も必ず終わる。

その時、あなたは自分自身の作品(人生)をどう顧みるのだろうか?



あなたのすべての感情、言葉、行動が記されたその作品の主人公は正真正銘あなた自身そのものである。



ゆえに「この世は自分の為にある」のである。


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


2 Comments

風子  

共感しきりです

この記事と、関連記事も読ませてもらいましたぁ(*´ェ`*)
共感しきりです。
ひまわりさんが、なぜ、一人のエコ暮らしを選択されたのか……。
よ~く解りました。
(*′☉.̫☉)……もとい。
解ったつもりかも……(^_^ ;)

2017/02/17 (Fri) 08:05 | REPLY |   

ひまわり  

Re: 共感しきりです

風子さん

根幹の部分のお話ですからそれが実際に実行されているか?となるとブッダでもない限り難しいですね。

ただ「欲の中にあって欲少なく、心惑わせる中にあって心惑わされること少なく、心静かに過ごす」のが今の生き方の目標でございます。

2017/02/17 (Fri) 10:04 | REPLY |   

コメント