GW

晴れ

良い天気です。



いよいよGWに突入ですね。優良企業にお勤めの方は今日から9連休でしょうか?

私の聞いた話に間違いがなければ、日本は世界で一番休日の多い国らしいです。かつては世界一になった経済力と幸福度も最近では低下する一方です。そりゃあ、そんだけ休日が多ければ勉強する時間も減るし、働く時間も減りますから、競争力も落ちますね。

もっとも憂うことは子供たちの学習力の低下です。学習は子供たちにとって大人への基礎となり、この国の未来を担う基礎となります。それがおざなりになった結果が今の日本です。この国の未来の不透明感を暗示する重要なファクターの一つでしょう。

当然、学習力の格差は教育の格差につながり、それが将来的な経済的格差を助長し、犯罪率の上昇をもたらします。

この国の政策は残念ながら矛盾に満ちています。その矛盾は「利権をめぐる闘争」の結果です。自分たちの利権(利権第一主義)が公共性を破たんさせ、一部の権力者たちだけが優位性を保つ構造が構築されています。

しかし、それは日本だけでの話ではありません。ギリシャ、イタリアの債務問題、イギリスのブレクジット、米国のトランプ大統領の誕生は世界に蔓延した矛盾を打破しようとする一般市民の革命行動です。このように世界は「利権をめぐる闘争」に反旗を翻す流れにあります。

しかし、日本はその流れに乗り遅れるでしょう。なぜなら、それがこの国の国民性だからです。この国は自らの力で革命を成し遂げたことがありません。この国民性は企業体を見れば理解できるでしょう。

長銀、日産、マツダ、ソニー、シャープ、、、etc。どれも落ちるとこまで落ち、自らの力では再生できないまま消耗しました。

「外資でなければ再生できない理由」(ここでは追求しないが)

これがこの国の国民性を象徴するものだと私は思うのです。



話が大幅にそれました。


さて、いい天気だしちょこっと近所のフリマに行ってきます。なにかいいものあるかな?

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント