「あきらめる」モノ

何かを「あきらめる」選択はよくあることだ。


好きなこと、好きな人、やりたいこと、理想の暮らし、理想の自分、、、、etc


でも、ほとんどの「あきらめた」理由と言うのが、「自分の中の癖や思考、社会的体裁、常識」によるもの。


チャンスがあっても、それをモノにできないのも、自分の中のそれらが邪魔をするからだ。



なんで自分の好きな方、やりたい方、理想を「あきらめる」のだろう?




「あきらめる」のはそちらではない。



「あきらめる」のを「自分の中にある癖や思考、社会的体裁、常識」にすればいいのに。





もしも「自分の中にある癖や思考、社会的体裁、常識」をあきらめられるのなら、自分の「好きなこと、好きな人、やりたいこと、理想の暮らし、理想の自分」のすべてが手に入るはずだ。



関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


2 Comments

大伴細人  

No title

世間体をあきらめました。

2017/06/06 (Tue) 18:44 | REPLY |   

ひまわり  

大伴細人さん

私も同じようなものです。

まあ、世間体はあきらめるというより捨てたといった方がかっこいいですね。w

2017/06/06 (Tue) 19:17 | REPLY |   

コメント