Windows 8.1にアップデートするとWi-Fi(無線LAN)が「制限あり」になる事象

一昨日SSD化したパソコンですが、

実は前にWindows8から 8.1にアップデートしたら内蔵Wi-Fi(無線LAN)が「制限あり」になってネットにつながらなくなってしまった過去がありました。当時、対処方法をネットで調べましたが、そこに書かれている対処法では結局どれも改善しませんでした。そこで苦肉の策として内蔵のWIFIアダプターはありながらそれを無効にして、外付けのWIFIアダプターを取り付けて対処していたのでした。


そして今回のSSD化で回復ドライブ(Windows8)によるリカバリーで再度Windows8に戻ったわけですが、Windows8ではWIFIは難なくつながるのです。しかし、その後の長い時間をかけたアップデートにより再びWindows8.1になると、内蔵Wi-Fi(無線LAN)が「制限あり」になってしまって、またネットにつながらなくなってしまいました。

仕方がないので、これまでのように再度外付けのWIFIアダプターを付けて今回も対処したのでした。



そして今晩ですが、何気に内蔵WIFIアダプターをHDDを替えたように取り換えればいいかも?と思い、いろいろと調べていたのですがどうも相性の問題とか形式の違いなどがあって素人の私にはアダプターの選択が難しそうでした。

そこで何やかんや調べていたのですけど、偶然以下のページにたどり着きました。


Windows 8.1でWi-Fi(無線LAN)が「制限あり」になってネットにつながらなくなる現象対策

Windows 8.1 のノートPCで、設定とかちゃんとやってるはずなのに、またドライバも最新なのに、Wi-Fi(無線LAN)が「制限あり」となってインターネットにつながらなくなる現象に悩まされておりました。、、、



症状が全く同じだったので「もしかしていける?」と思って対処通りに設定してみると、

「なんてことでしょう。WIFIがつながるようになったではありませんか。」

素晴らしい。今はもうこの方のブログの更新は止まっているので、ここに記しておきましょう。ありがとうございます。



私は素人なのでいまいち「WMM」の仕組みがわからないのですが、この設定の変更でなにか問題はないでしょうか?もしもその道に詳しい方がいらっしゃれば、この設定の変更で何か問題があるようなら教えてください。


最後に再度症状が出たとき用に対策を要約した自分用メモです。


①「ネットワーク接続」→Wi-Fi(無線LAN)アダプターのアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリック。

②「Wi-Fiのプロパティ」→「構成...」ボタンをクリック。

③ネットワークアダプタのプロパティ詳細設定を選択→「プロパティ」項目のリストの中から「WMM」を選択,、項目を「無効(disabled)」にして「OK」をクリック。





関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント