クルマの減価償却



朝から雨。梅雨が夏を越して秋まで続く?また、野菜が高騰するかな?



今日も雨で困ったものです。今年はこんな天気でミニトマトが真っ赤にならなくて、味も甘みが少なくて残念。パセリも例年はもっと元気なはずだけど今年は元気がない。大葉は野良が頑張ってバッタなんかに食べられつつも頑張っています。シシトウは最近実が大きくならないのは肥料切れかな?ニラは期待したほど大きくならないで、先日来た来客になにこの雑草と言われる始末です。


さて今日はうちのポンコツ車の車検予約日です。迷いながらももう一回車検を通して後1年くらいをめどに乗ってその後に買い替えをしようという決断です。最近は近場の買い物程度しか乗らないので買い替えなくてもいいかなとは思うけど、白い煙の出方が最近少し多くなったような気がするのです。(´・ω・`)



クルマの話ですが、基本的に私は車本体価格を年10万円の減価償却で考えます。今回の車は総額40万円ちょいで買った車なので私の中では4年乗れば全額が償却でき、4年以降は乗れば乗るほどお得になるという感覚です。

ウチのポンコツは今回で4回目の車検になります。つまり丸8年乗ったことになります。なので想定償却年10万円が年5万円相当まで乗ったことになります。かなりいい水準まで乗ってきたことになりますね。

これをもし新車で考えると、例えば120万円の車の場合、年10万円の償却と考えると12年かかります。12年は長いですね。(今回の車のように年5万円の償却まで乗るとしたら24年かかる計算です。)

新車で買っても12年経つと下取りはあまり期待もできないし、12年乗れるかわからないリスクを考えると結局50万円くらいまでの中古車を買った方が得かな?という感覚です。車にこだわりがあればこんなことは考えないですけど、私はあまりこだわりがないのです。

今の車は白い煙さえなければ壊れるまで乗り続けてもよかったので買い替えの出費はちょっと残念な余計な出費ではあるのです。(´・ω・`)


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント