仮想通貨の所得税に関して

ようやく仮想通貨の懸念材料の一つであった「ビットコインに関する税金」の見解が国税庁からでたようです。



ソースはこちら⇒ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係(国税庁HPより)



BTC⇒アルトコインでも課税対象と考えらるみたいです。下記は為替差益の参考例です。



参考ソース⇒保有する外国通貨を他の外国通貨に交換した場合の為替差損益の取扱い(国税庁HPより)




ということで仮想通貨は原則、雑所得扱いだそうです。それとBTCからアルトコインへの移動は課税されないという見解の方が結構いましたが、今回のことで原則課税されると考えておいた方がよいようです。



まあ、想定通りと言えばそれまでですが、BTCで買い物すると差益計算がすごくメンドクサイのですけど、どうするんでしょうかね?BTCでは買い物するなってことかな?

まあ、役人のやることはこの程度でしょうね。後は政治的にどう変えられるか?ではあると思いますがどうなんでしょう?

譲渡所得にして30万円くらいの控除があればよっぽどの高額な買い物でない限り、差益を気にせずに済むからBTC支払いの急速な需要を見込めたのにと素人の私は思います。

BTCでの支払いは日本の停滞した需要の起爆剤になる可能性があったのに残念ですね。まあ、役人たちが机上で「法定通貨を守る」とか言っているのが目に浮かぶようです。




さて、ようやく私の仮想通貨投資での出口戦略もこれで立てやすくなりました。

基本的に雑所得は累進課税ですから、大きな利益を上げても最高55%が税金で引かれる計算です。税率を抑えるために徐々に差益還元するのがいいかな?と個人的には思います。


もっとも、それも数年先の話で、まだ含み益も少ししかないし、利益確定は「とらぬ狸の皮算用」です。それまでに税制が変わる可能性もありますし、まさかないとは思いますが仮想通貨がダメになる可能性だってありますけどね。

個人的にはそのを未来の楽しみにして待っていたいなと思っています。



ということできちんと税金は納めましょう。



注意:税金の詳細についてまたは判断については必ずお近くの税務署に相談してください。このブログ、管理人は一切の責任を負いません。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント