なぜ、この世に光と影があるのか?

「三角柱の例」でひらめきました。



なぜ、この世に光と影があるのか?



それは「この世に形(存在あるいは現象)を作るため」である。
注: 形、存在とは究極的には幻影であるのですけどね。



あれ?当たり前ですかね?

でも、「光と影はこの世に形(存在あるいは現象)を存在させるためにある」からこそ、形(存在あるいは現象)には同じようにすべて反作用のある相対性があるわけです。相対性がないと存在しえない。(半物質やエーテル?に相対性がないのは形(存在あるいは現象)がないからですね。)



あれあれ?普通でしたかね。w

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント