人生って何だろう?

「人生って何だろう?」

こう迷っている人も多いみたいですね。

「人生って何?」の切り口にはいろいろな角度がありますよね。

例えば、学生時代なら学校の中での集団という狭い社会での「人生」(生き方)なんかが論じられます。

社会に出れば、会社という集団の中という狭い社会での「人生」(生き方)になります。会社を飛び出しても、その土地や地域という社会があって、日本という社会があって、アジア、地球という社会があります。

つまり、「人生とは何だ?」の疑問にそれぞれの社会に帰属するための答えしか教えてもらえないことが多いのです。

だから、その狭い社会の中で孤立したり、帰属性が高くなると「もう抜け道(人生)がない」と思い込んでしまうのです。この傾向が高いがゆえに日本の精神病の発症率の高さや自死の数の多さに現れていると思うのです。

私なんぞはもともと社会への帰属意識が薄いのが幸いして?社会の方を「くだらね!ばっかじゃない!」と思うので、それにしがみついてまで生きくという人生を鼻っからしません。まあ、だから今の生活があるわけですね。www (・ω<)てへぺろ


横道にそれました。本題に戻りますが、では「人生とは何でしょうか?」


これを考える前にこう考えてみましょう。



あなたはなぜ必ず死ぬのに生まれてきたのか?



はい、この問題を考えてみましょう。

あなたはいずれ必ず死にます。それは否定のできない事実です。でも、なぜか?生まれてきたわけです。

なんで生まれてきたのでしょうね?


社会で生きるため?会社で仕事するため?


それが本当の目的でしょうか?




もしも、「あなたはなぜ必ず死ぬのに生まれてきたのか?」の答えを見つけられたら、生まれ変われんじゃないかなと思うのです。



もしも迷っているのなら、この答えを出すために少し考えてみてはいかがでしょう?


あ、先に言っておきますが、社会の方を「くだらね!ばっかじゃない!」と思う人間になってしまっても私は責任をとりませんので悪しからず。(^ー^* )フフ♪


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント