【番外編】岩草花 花割皿

ちょっと器に興味のある方なら先日から新しい器が加わったなとお気付きの方もいらっしゃると思います。

これですね。縁が輪花で古典的な岩草花の絵柄です。少し汚れていていれば昭和初期くらいのものでしょうか?と言っても判断がつかないかもしれません。実は最近の量産ものです。

moblog_3f172df7.jpg

よく見ると呉須の発色のよさといい、釉薬のねっとりとした艶といい、仕上がりの完璧さといい、最近の量産ものだとわかります。もちろん絵付けもパット印刷ですね。絵付けの判断は同じものが2枚あればできます。1枚だけだと難しいですけどね。

下の写真の左は以前買った手書きの少しだけ古い量産の器です。同じ量産品でも昔のは素地が比較的厚く手取りが重いです。現代のものは手取りが軽く、均一で薄いですね。

moblog_30e1cbfc.jpg

今回の皿は現代の量産モノと分かっていて買ったものです。

縁の輪花が可愛いし、可愛い割には絵柄が「古典」という雰囲気が面白いですね。1枚300円でした。サイズは6寸でなんにでも使える大きさです。平皿でなくて縁から若干落ち込んで深みがあって多少の汁があってもこぼれないので使い勝手もよさそうですよ。

moblog_9c5cf465.jpg

ネットで調べたら通常価格は480~680円と幅があったのだけど300円ならまあまあお買い得でしたかね。2枚あったけど現代の量産モノなので1枚しか買いませんでした。ひとり暮らしですしね。w


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント