犬山城

こんにちは。

前回の東海圏住人のミニ観光情報「妻籠・馬籠」編には多くの?称賛の声?をいただきました。昔、東海圏に住んでいた方とか、思い出のある方、今まで気が付かなかったけど行ってみようかしらん?という方のお役に立てて幸いです。

やっぱり観光地とか名勝なんかは地元の人の情報がもっとも信頼がおけると私自身も思っていますから、この手の情報はみなさんにも楽しんでもらえるのかな?と思いました。(もちろん、公正な立場での内容ではなく、あくまでも個人的印象なので個人差が出ることはご了承ください。)

ということで2匹目のドジョウを投入します。(´艸`*) 





東海圏は戦国時代の中心地であったと言えるでしょう。

当時の有力な武将たちの「歴史を動かした大きな合戦場」跡も多くあります。また、各地に城跡や武将ゆかりの地も多く残っています。歴史マニアにとって東海地方は垂涎の地域であることは間違いありません。



ということで今回は城をメインに見てゆきましょう。

東海圏、特にその玄関口である名古屋で城と言えば名古屋城と答える方が多いと思いますが、名古屋城は戦時の空襲により焼失、戦後に復元されたお城です。もちろん名古屋駅から行ける身近な観光スポットとしては全国的に有名ですから、名物であるしゃちほこを観に行かれるのも面白いとは思います。最近は名古屋城周辺にも伊勢のおかげ横丁を模した食事処やお土産屋スポットができたそうです。(私はまだ行ったことはありませんが。)

しかし名古屋まで来たのならぜひとも観ておきたい、私のお勧めのお城!と言えば、、、、



犬山城です。

犬山城の特筆すべき点はなんといっても現存する天守閣が、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のうちの一つで、かつ「国宝に指定された5城」のうちの一つであるということです。(建てられた年代については諸説あるようですが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろと言われます。)これだけでも城マニアなら絶対に行かねばならない聖地(お城)であることがわかるはずです。w

そして驚くことに犬山城は2004年までは個人所有であったという大変珍しい経歴をもつお城です。まさに一国一城?の主だった方が戦後にもリアルにいたのですね~。この城を維持するのは大変だったと思います。だからこそ、残ったのでしょうね~。


国宝 犬山城HP


先ほどにも言いましたが、犬山城は城マニアにとっては聖地です。(´艸`*)

こう言ってもあまり興味のない方にとっては「名古屋城も犬山城もいっしょじゃね?」と思われそうですが、この犬山城は木造建築の天守閣としてだけでも一見の価値があるかと思います。もっとも、城の中は狭くて階段も急な構造になっていますから、「ちょーめんどくせ!エレベーターないの?」という方には向かないかとは思います。w

もっとも、単純に「犬山城は国宝である」というだけでも一見の価値はあるかとは思いますので、誰にでもお勧めできるスポットであることは間違いありません。

とはいうものの、実際問題として犬山城は名古屋城と比較しても、かな~~~~~~~~り地味な存在であるのは確かですし、同じ国宝の姫路城や松本城をイメージされて訪れるとかな~~~~~~~~り期待外れに終わるかもしれません。イメージとしては彦根城に近い感じで考えていただくとよろしいかと思います。(ちなみに私は松江城はいったことがないのでイメージができません。)

ということでやっぱり万人向けではないかもしれませんので「城が好き!」とか「国宝が好き!」という方にだけにお勧めということにしておきます。w



また国宝と言えば、場所は少し移動しますが犬山城の近くに茶道の世界では有名な茶室の「如庵」があります。「如庵」は元和4年(1618年)に、織田信長の弟・織田有楽斎によって、京都・建仁寺の塔頭・正伝院が再興された際に建造された茶室だそうです。「如庵」はいろいろな場所(東京、神奈川)への移築をへて、現在の場所に移築されました。茶道をたしなむ方には是非とも訪れたい聖地の一つでしょう。


日本庭園 有楽苑



それから、犬山城の近くには昔の城下町の面影を残す地域があります。最近はそのエリアの観光にも力を入れているようでここ何年かはこちらのメディアでも数多く話題にされ活気があるようですよ。(私は最近は訪れていないのでわかりませんが。)




では最後に広域の位置図で犬山城のある位置を観てみましょう。犬山城は名古屋駅からほぼ真北に位置しているのがわかります。

inu_20180416164639540.jpg


こちらは犬山城近辺の地図です。犬山城へのお出かけは車でも可能ですが、犬山の市街地や犬山城周辺は道が狭く交通量が多いので電車での観光がお勧めです。電車では名古屋から名古屋鉄道【名鉄】に乗り、犬山駅か犬山遊園駅で降りるのがいいでしょう。名古屋から犬山駅までは準急や急行でおよそ30~40分程度です。

個人的には城下町の面影(矢印の付いた赤丸のスポット)を散策しながら城まで行くなのら犬山駅で降り観光案内所で情報を得てからゆくとよいかと思います。犬山城や茶室をメインに楽しみたいのなら犬山遊園駅の方が距離的に近いので便利かもしれません。

なお、車での来場ですが、周辺には駐車場(有料)も多く駐車に困ることはないですが、主要道路は混みやすく細い路地は一方通行が多いので注意してください。

siro.jpg



その他の周辺の観光地は下記の犬山観光情報などを参考にしてください。


犬山観光情報HP




いかがだったでしょうか?

犬山城は「現存天守12城」かつ「国宝5城」のうちの一つですから興味のある方には是非とも訪れていただきたい観光スポットです。



以上、東海圏住人のミニ観光情報でした。ヾ(o´∀`o)ノ


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


2 Comments

自遊自足  

犬山城一度は行ってみたい場所の一つです。以前行った時 夕方でしかも行列ができてて登城するまで結構な待ち時間があったので断念したんです。今年中には行きたいですね~

2018/04/18 (Wed) 06:18 | REPLY |   

ひまわり  

自遊自足さん

犬山は最近人気があるみたいです。土日は結構混みますね。あと、お祭りの時期なんかはかなり混みます。

平日ならそれほどでもないカモしれませんけど、平日は行ったことがないです。

2018/04/18 (Wed) 09:12 | REPLY |   

コメント