【木曽漆器まつり】木曽平沢で漆器を買ってきました。

木曽漆器まつりに行ってきました。


関連記事
木曽平沢(上)



はっきり言って漆器はぜんぜんわかりません。だから、いいものと安いものの差がわかりません。

そういう私ですが、いいものと安価なものの価格差が大きいのはわかります。( *´艸`)



漆器作家さんに聞くと安いものは「中国製」か「中国産中国製の木地」を使っているのだそうです。大体価格的には3000円以下のものはほぼそのどちらかに相当するみたいです。

「日本製の木地を使ってキチンと塗りをすると最低でも4,5千円はするはず」とおっしゃってました。

漆器店を見てみるとわかりますが、大体4千円以上のもの(作家ものは1万円前後以上)と、雑貨用の漆器3千円相当以下に明らかな違いが見られます。

木地の違いは耐久性の違いだそうで、木目の細かい日本製は耐久性が高いらしいです。後は漆の種類や厚み(塗りの回数)によっても耐久性が変わるみたいです。

安いものは「木地が安い中国製」&「塗りの回数が少ない」ことで安い値段を実現しているということです。



うんちくはここまでにして、実際に買った漆器をアップしましょう。

断っておきますが貧乏なので私が買うのは安物ばかりです。え?そんなの十分に承知している。そうですよね。(・ω<) テヘペロ


今回は初めて行った漆器まつりに興奮したのか?私的にはかなり多めに買ってしまいました。( *´艸`)



片口2つ(片口酒器と片口椀)とどんぶり椀1つ

moblog_f563e98f.jpg

汁椀2つです。(下のどんぶり椀は1枚目と同じもの。大きさの比較のため置きました。)汁椀は同じに見えるけど形も買った店も違います。

moblog_8db90ab4.jpg



どれも300~500円のものです。( *´艸`)

たぶん、値段からすると木地は全部中国産ですね。


どんぶり椀は驚くことにこの大きさで「傷もの300円」です。たぶん平沢産ではなくて「中国製」だと思います。でも、300円ならいいですよね。普段使いには十分です。(でも、中国製だから安全性は大丈夫なのかしらん?とは思います。)




漆器まつりや店舗を見て気になったのは漆器に産地表記がなかったことです。

これはほとんどすべての店が言えることですが(何軒かは中国産表記のあった店舗はありました。)、国産だか平沢産だか中国産だか、ぜんぜんわかりません。もちろん、4000円以上の品物は国産のものでしょうけど、産地表記が全くされていないのが気になりました。

お祭りテントの中には100円とかで売っているのもあったけど、明らかにプラスチック製だし、それは漆器なのかな~?という商品もありましたよ。みんなこぞって買っていましたが、アレは塗り物というよりプラスチック雑貨だよな~。まあ、確かにプラスチック製品としては百均で買うものよりはお買い得なんですけどね。

それと同じ商品でも傷もの、二等品、在庫処分品とあったりします。

どんぶり椀がそうで、傷アリ訳アリが300円と500円があり、規格外1000円もありました。正規価格2500円と値札があるけど、そこに300円、500円、1000円の値札も貼ってあります。

これは規格外なんだから正規品の値札を貼ってはいけないのではないかな~。明らかに2重価格だと思うのだけど。

在庫処分品ならいいのですけどね。これはかなり気になりました。(法律違反にならないのかな?)


たぶん、手広くやっている商社みたいな店もあるようで、同じ店舗のものと思われるテントが違った場所で出してました。しかも、同じ品物がテントごとに違った価格で売られていてるのですよ~。もう、わけがわかりません。(同じ商社っぽい3テント中2テントで買い物しましたが店舗袋が同じものでした。)

そんなこんなで真偽の目利きや価格の判断が必要に思いました。できればきちんと産地表記をして、価格の違いを明確にしてもらいたいものですね~。けど、それは陶器祭も一緒かな~?


まあ、普段使いの安い食器や雑貨などを買うにはいいかもしれません。ただ、焼き物祭りと一緒ですが、いいものを安く買うにはかなりの目利きが必要かな~と思いました。


はっきり言って実際に見てみたものの、漆器の安いものと高いものの差が私にはわかりません。(ノω・`o)ショボン

私は焼き物には少しはうるさいですけど、漆器はぜんぜんわからないので勉強しないといけませんね。もっとも、これ以上ものを増やしたくはないんですけどね~。

とは言いながら、また今回の買い物で物が増えてしまい増した。(・ω<) テヘペロ

増えた分、何か捨てるか。( *´艸`)



関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


木曽漆器まつり 漆器

0 Comments

コメント