そうだ!青空フリーパスで木曽平沢へ行こう!【木曽漆器まつり編】(下)

青空フリーパスを使って、木曽平沢で行われた木曽漆器まつりへ行ってきました。


前回の記事
キャプチャ





木曽平沢駅を出て、目の前の階段を下るとすぐの通りが漆器まつりのメイン通りになります。


DVC00231_20180604082602908.jpg 

 少し時間が早かったのか、テントもまばらで準備中でした。orz

でもその分、町並みは楽しめましたよ。

DVC00228.jpg DVC00227.jpg

DVC00226.jpg  DVC00219.jpg


DVC00229.jpg DVC00224_201806040825542e1.jpg

DVC00216_201806040825306d8.jpg  DVC00218.jpg



メイン通りを軽くチェックしながら、漆器について勉強のできる「木曽漆器館」へ向かいます。

地図によると街のヨコを流れる川を渡って(写真向かって右)の丘のほうのようです。坂道を上ってゆきます。

DVC00215.jpg DVC00214_2018060408252739e.jpg

なんかずいぶん上ってきたのですけど、気配がありません。(´・ω・`)

DVC00213.jpg  

なんか、何もない、、。どうやら道を間違えたようです。(ノω・`o)

DVC00212.jpg


再度確認すると山のほうへすごい大回りをしてしまったようです。山登って降りてきた感じ。orz

道を下ってまた川まで降りてきました。

DVC00211.jpg

ようやく着きました。汗だくだよ~。(;´・ω・)

DVC00209.jpg


お祭りの日なので入館料は無料でしたよ。ラッキー

漆器の作り方や道具などが詳細に展示、解説されてました。なるほど~。

DVC00210.jpg


30分ほど見学ののち、また漆器まつりの通りに戻ります。


漆器まつりの通りでは往路に目を付けておいたお店に寄りました。

このおばちゃんのご主人が漆器の塗り師だそうです。ちょうどお店の前にご主人もおられたので少し話をしました。

お話によると、冬は雪は少ないけど寒くてマイナス15℃になるそうです。漆の材料とかが凍らないように冬はエアコンをつけっぱなしにしているそうですよ。逆に、夏は涼しいからエアコンは使わないそうで、都会とは真逆だねと笑ってました。

その後、気に入った漆器を3点ほどを購入しました。最後におばちゃんの写真も撮らせてもらいましたよ。( *´艸`)

DVC00201_20180604082517034.jpg  DVC00200.jpg

メイン通りに向かうと人出も出てきてました。

そこでは商社っぽい感じのテントで2点ほどの漆器を買いました。

DVC00196.jpg DVC00198.jpg


DVC00192_20180604082508e90.jpg DVC00197.jpg

DVC00190.jpg 

あれ?なんかお祭りのテントの写真とか撮ったつもりだったのだけど、古い建物の写真しかありませんね。(・ω<) テヘペロ

まあ、いいか。



漆器まつりのメイン通りは200mくらいなものでした。街自体も小さなこじんまりとした感じです。

私が漆器を3点購入したおばちゃんの家(部屋に売り物を並べてただけ)はメイン通りから一本入った通りです。でも、そこもお祭り通りではありますが、やっぱりメインの通りよりは人も少なかったです。ガヤガヤしている通りよりはのんびりした感じだけど、ほかの店でもよさげなものが結構ありましたから、もし来年?お祭りに来られるときは見逃さないようにしてくださいね。

漆器はどれも似たようにしか見えないのだけど、よく見ると違うみたいです。価格も同じものでもいろいろなので、行きは品定めと値段のチェック、帰りに目当ての品物を安いところで買うといいです。あとは、安いからと言ってプラスチックのなんか買わないように気を付けてくださいね。( *´艸`)


買ってきた漆器はこちら
5.png





以上で木曽平沢での旅は終了です。

結局、ゆっくり目に見ていましたが木曽平沢地区での滞在時間は3時間くらいでした。

時間に余裕があるので次は、奈良井方面へ向かいます。

さわやかウオーキングが開催されていることもあり歩いてもいいのですが、奈良井宿へのシャトルバスが5~15分毎くらいに出ていたのでシャトルバスで奈良井宿へ向かいました。


奈良井宿の記事はこちら。↓
奈良井宿


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント