【 第2 小なる章 】 3 恥

253 恥じることを忘れ、また嫌って、「われは(汝の)友である」と言いながら、しかも為し得る仕事を引き受けない人、──かれを「この人は(わが)友に非ず」と知るべきである。

254 諸々の友人に対して、実行がともなわないのに、ことばだけ気に入ることを言う人は、「言うだけで実行しない人」であると、賢者たちは知りぬいている。

255 つねに注意して友誼(友情)の破れることを懸念して(甘いことを言い)、ただ友の欠点のみ見る人は、友ではない。子が母の胸にたよるように、その人によっても、他人のためにその間を裂かれることのない人こそ、友である。

[ブッダのことば(スッタニパータ)中村 元訳]



「恥」と題されていますが、内容は「友」についてですね。

口だけの友、行動しない友、欠点のみをみる友はよく学校や会社であるパターンですね。

子が母の胸にたよるように、その人によっても、他人のためにその間を裂かれることのない人こそ、友である

その通りですね。なかなか得難いものですが。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント