師走入り

おはようございます。

今朝は昨日と同じくらいの気温で寝室が9.1℃、内職部屋が3.9℃です。

天気予報は曇りのち晴れ。7時現在で曇り空の空模様です。

今日もぼちぼちの天気ですかね。



12月入りでいよいよ今年も残すところ1か月です。

来年は元号が変わるそうで、平成の師走も今年で終わるようですね。

元号が変わるからと言って何が変わるわけではありませんが、何となく気持ち的に新しい時代の幕開けになればいいなとは思います。

まあ、根本から変わろうとしないとなかなかすぐには変化は現れないと思いますが、少しでも日本の停滞感に変化が出てくればいいのですがどうなるでしょうね?

今の日本の停滞感の根底にあるのは人口構成の高齢化にあると私は思っています。

高齢化の弊害は年金問題や労働人口問題だけではなく、国の雰囲気までも変えてしまうのです。

人は年をとるとリスクをとらなくなるし、現状維持を望みます。なぜなら、リスクをとってまで自分の世界を広げる必要はないし、すでに若いときよりも完成された様式を持っているからです。

人口構成の高齢化はこれらの考えが多数になるわけですから、改革や新たなチャレンジへの弊害になるわけですね。

これが今の日本の現状です。

現状維持が多数派では若い人にとってはなんの魅力のない国です。魅力がないというのは「夢がない」のと同じです。高齢者には夢はなくてもいいのですが、若者が生きるには夢が必要なのです。

若者に夢を語らせる国、そうならないと日本は「じり貧」のままだと私は思います。(事実上、すでに貧民国なんですけどね。)




8時現在、なんかメインテナンス中とか出て閲覧できないサイトがあるんです。(´・ω・‘)ショボーン

キャプチャ

いつ直るんか知らん?
関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント