自転車の修理をしました。【前ブレーキ交換編】

壊れた自転車の前ブレーキパーツですが、お取り寄せ商品でありながら思いのほか早く届いたので少々混乱しています。


前回記事⇒ ヨドバシドットコムで注文したブレーキパーツが来ました。

自転車が壊れた時の記事⇒ 自転車がまた壊れた。( ;∀;)



以前に数回お取り寄せの商品をヨドバシドットコムで買ったことがあります。そんな時は決まって1~2週間かかるのが普通でした。それがなんてことでしょう。今回はほぼ通常注文商品と同じ注文日の翌日には商品が届いたのです。ああ、ビックリ。(@_@)

まあ、早い分にはぜんぜんかまわないのですが「そんなに急がなくてもいいんだよ」とヨドバシドットコムさんに耳元でささやいてあげたいです。( *´艸`)


と言うことで「この仕事はゆっくりやるか」と思っていたら、午後になってから急に「急ぎの仕事になった」と上司に言われたような感じです。

「今週末にはまた自転車に乗りたいでしょ?だから急いで部品送りましたよ」と仕事熱心なヨドバシドットコムさんが早く送ってくれたかどうかはわかりませんが、こうも早い仕事ぶりを見せられると私としましても、「よっしゃあ!それならこちらも、いっちょうやってやるか」ってな(無意味な)感じで、早速自転車の修理を始めたのです。


では、はじめに壊れた前ブレーキのパーツを外します。

それにはまずはつながっているブレーキワイヤーを外す必要があります。

moblog_73c46ce0.jpg

ブレーキワイヤーを外せば、この後ろのボルトを緩めとると前からブレーキパーツがシュッポと抜ける構造です。

moblog_1b652225.jpg

はい。抜けました。

moblog_caa89def.jpg

そしてこの新しく買ったブレーキパーツを付いていたように元に戻します。

1_201905091504185b5.jpg

はい。付きました。(後ろのボルトはこの後各部の調整しなくてはいけないので力いっぱい締めないでください。)

moblog_4754d9d5.jpg

再びブレーキワイヤーを付け戻します。ブレーキワイヤーは調整しないとうまく働かないので細心の注意が必要です。

moblog_88ed386d.jpg

ブレーキワイヤーの調整の後はリムとブレーキゴムの間を両方とも同じような隙間になるように矢印の部分に薄型スパナ―を入れて調整をします。これをしないと片方に寄ったままになりブレーキを引きずった状態になってしまいます。(この調整ができたら後ろのボルトを増し締めします。)

1


調整ができたら各所のボルトがしっかりと締っているかを確認して終了です。


う~ん、これでまた自転車に乗れる。( *´艸`)



蛇足~

今回交換した部品ですが赤丸の白い樹脂部品がつぶれてもげているのがわかりますね。この部品の劣化破損が原因でブレーキがうまく作動しなくなっていたのです。

この部品だけ交換できるといいんだけど、部品が調達できるか分からないので今回はブレーキパーツ全体を交換することにしました。エコじゃあないけどね~。


2


以上で前ブレーキ交換の修理は終了です。(`・ω・´)ゞ



注意事項:ブレーキは安全運行に重要な部品であるので自信のない人はプロに任せましょう。なお、DIY修理は自己責任のもと行ってください。


関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


自転車 修理

0 Comments

コメント