梅干しを漬けました。~前編~【2019年】

いつも通っている激安八百屋さんで梅が激安で売っていたので梅干しを漬けることにしました。ただ、引っ越し以降はこれまでのように天日干しができない環境なので3日干しはしない実験的な梅干し作りになる予定です。(`・ω・´)ゞ


こちらが2回足を運んで調達してきた梅198円/k×6(税抜)

moblog_1cc1190f.jpg


買い揃えた材料はこちら。塩1k(128円)、焼酎600ml(398円)。

moblog_622cb12e.jpg

まずは梅を水で洗って

moblog_bdb80c99.jpg

水気が切れるようにざるに上げておきます。

moblog_e08b046c.jpg

梅の水気をとるタオルと焼酎(ガラス容器)、塩+焼酎(大きめの白い器)を入れた器を用意して作業に移ります。

塩は梅干しの塩分濃度に応じて計量しておきます。私の場合は昔ながらの18%の塩分濃度でやっていますから梅6kに対し塩1kの計算です。焼酎はホワイトリカー35度が消毒には確実ですが、私は普通の25度の焼酎を使っています。


moblog_ff147409.jpg

梅に着いた水気をとりつつ、一個一個状態を確認してヘタの部分をとります。傷んでいる部分(腐っている)がある場合はその梅を取り除いたほうがいいです。

moblog_8af8b48a.jpg

この後、焼酎に全体を浸すといいでしょう。焼酎に浸すことでカビが発生するのや梅が腐るのを予防するためです。

moblog_07d571c4.jpg

塩に焼酎を少し注いでドロドロ状の焼酎塩を作ります。その中で梅を回転させて全体的に梅に塩が付くようになじませます。ヘタの部分は腐りやすい部分なので塩を押し込むように盛っておくとよいです。

moblog_d0f8a147.jpg

できた梅を消毒した樽に入れてゆきます。

moblog_d36899c5.jpg

どんどん入れてゆきます。

moblog_1298e320.jpg

全部終わったら、最後に余った塩をすべて上にかけて

moblog_e400be5b.jpg

消毒した重しと蓋をして今回の作業は終了です。このまま梅酢がでるまで3日~1週間待ちます。

moblog_0de8f0a7.jpg


今回の作業はここまでです。



梅酢が上がってきたら、シソを入れます。入れなくてもいいですが、シソの香りと色が好きなので私は入れています。

シソは季節になると枝切りしたシソの葉が売られていますからそれを洗って塩もみして梅酢に漬けます。このシソの作業は狭い台所で安にはけっこう大変なので私は市販されている梅干し用のシソパックを使います。

このシソパックはシソを梅酢に漬けてあるもので、裏のラベルをみてなるべく添加剤の入っていないモノを選んでいます。パッケージに記された分量でやるとシソの香りが強すぎるので注意してくださいね。




梅干しを漬けました。~中編~【2019年】に続く



関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


梅干し 梅干し漬け

2 Comments

自遊自足  

梅干しは母親が毎年作ってました。ひっくり返すのを手伝ってと言うか手伝わされてましたね~ 一度我が家でも作ってみますかね。もちろん相方に話しをしないといけないけど・・・・

2019/06/09 (Sun) 18:00 | REPLY |   

ひまわり  

自遊自足さん

梅干しは結構簡単ですからやってみるといいですよ。最近流行りの低塩分のは難しいかもしれませんけどね。

私は昔ながらの酸っぱい梅干しが食べたくて自分で作っています。自分で作るとむちゃくちゃ酸っぱくて最高です。( *´艸`)

2019/06/09 (Sun) 18:29 | REPLY |   

コメント