争いはお互いを「尊重」し、「受け入れること」ができなくなるときに生ずる。

「言い争い」

「けんか」

「戦争」



どれもお互いが尊重し、受け入れることができているときには生じない。

しかし、どちらかが利己的になり、受け入れることを辞めたときにそれらは生じる。



これらの争いは「」によって湧き立つゆえに、各々「自らの欲」を制しない限り(争いは)静まることはない。しかし湧き出た欲を自ら制するのは最も困難なことである。

争いは「人の欲」がなくならない限りこの世から無くなることはないです。





これがお釈迦様の争いの原理であると私は理解しています。


関連記事
  • 沈黙
  • 人間観察



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


0 Comments

コメント