自転車の修理をしました。【ペタル交換】~取り外し編~

自転車の修理をしました。【ペタル交換】~準備編~からの続きです。


いよいよダイソーで入手した「15mmコンビネーションスパナ」(税込110円)を使ってペダルを外します。

コレね。↓
moblog_bbb66dc7.jpg


この作業でもしもペダルが固着して取れなかった場合は、素直に自転車屋に行こうと思います。その場合、ペタルも自転車屋で同時に購入したほうがいいだろうと思うので、あえてまだネットでペタルの注文はしていません。


と言うことで、110円ダイソースパナで取り外しに挑戦です。(`・ω・´)ゞ

ペタルの外し方はネジの方向に注意しないといけません。

一番簡単な考え方は「前進方向に工具を回すと締まる」と覚えておくことです。逆にすると緩まります。


まずはスパナだけでやってみますがペタルとクランクアーム?が動くのでなかなか力が入りにくいです。しばらく悪戦苦闘しましたがダメでした。(´・ω・`)ショボーン

次の作戦は長い鉄の丸管を使って中にスパナを入れ、テコの原理で回してみます。さっきよりは力が入ったようですが丸管とスパナの遊びが多くて思うように力が入りません。結局これもダメでした。(ノд-。)あぅ。。



「わたしはもうダメかもしれない、、、。」



一旦陣を引いて体制を整えます。

「やっぱり専用工具がないとダメかな?」と後輪ブレーキのドラム抜き専用工具を買わざる負えなかった過去の作業と重ね合わさります。

再び、グーグル先生に何か良い考えはないか?聞いていると、ふと見た工具の使い方のヒントがありました。

「これだ!」

そのやり方とはプロは当たり前なのでしょう。しかし素人の私には思いもよらなかった簡単な方法です。

それはスパナをなるべくペタルのついているアームに近い角度の形にはめ込んで、それをにぎるように力を入れる方法です。(外れる方向を間違えずに)

こんな感じにくの字の位置関係になったペタルの軸(上)とスパナ(下)をにぎるようにして力をかけます。こうすると逃げる力が少なくて済むのですよね。

moblog_5fa29d3e.jpg


このやり方で回りました。ヾ(*´∀`*)ノ

外れた~。(/・ω・)/バンザーイ

moblog_517b067b.jpg


両方ともダイソースパナで外せました。

プロの知恵はさすがに素晴らしいですね。

moblog_5ba71d2f.jpg




自転車の修理をしました。【ペタル交換】~完結編~
に続く。

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ

  • CATEGORYDIY
  • COMMENT0

自転車 修理 DIY ペタル

0 Comments

コメント