「オーストラリア産米」を『業務スーパー』で買って食べてみました。

『業務スーパー』で売られている「オーストラリア産米」を買ってきました。

一番近くの業務スーパーにはなぜかアメリカ産のカルローズ米しか置いてないので隣町まで自転車で行って、5Kのコメ袋を背負って帰ってきました。5kとはいえ重いです。近くの業務スーパーで扱ってくれないかな~。(・ε・‘*) …

関連記事:
「アメリカ産カルローズ米」を『業務スーパー』で買って食べてみました。



と言うことでこれが業務スーパーで買ったオーストラリア米です。価格は税抜き1230円でした。1年前買ったカルローズ米が1150円だったので少し値上りしていますね。たぶんカルローズ米と同じ値段のはずですが近所の業務スーパーではカルローズ米は1250円だったので各店舗で値段が少し違うみたいです。

moblog_0b359013.jpg

早速封を開けて米粒とにおいを確かめてみました。カルローズ米は少し長めの粒でしたが、こちらのオーストラリア米は短い日本米のような感じですね。

moblog_5c839b49.jpg

においは日本の米のような良い香りはしません。どちらかと言うと古米の臭いに近いかな。とはいえ、開封時にはそれほどの臭いは感じませんかね。(においに敏感な人は臭うかもしれません。)


で、さっそく試食用に2合炊いてみました。


まずは水分が少なそうだったので米を洗って1時間ほど水に浸けておきました。その後、コメと同量の水を入れ圧力鍋で加圧から5分ほど炊きました。30分ほど蒸らして炊きあがりです。(ウチは圧力鍋で炊いているので炊飯ジャーで炊いている方の参考にはならないのでご了承ください。)

炊けたったの写真は撮り忘れました。(・ω<) テヘペロ 次回炊いたら追加でアップするかもしれません。


オーストラリア米の味はどんなものか?~

蒸らし後、すぐに試食してみた感じではやはり日本のコメよりも粘りと香りがないです。でもカルローズ米よりはコメの形が日本米に似ているのでこちらのほうが好感が持てますね。

パサパサ感も圧力鍋で炊いているせいか言われるほど感じません。これは圧力鍋の効果もあるかもしれません。ただ、コメの粘りは少ないです。日本米の古米あるいは激安米?の水準でしょうかね。

香りはやっぱりないですね。日本米の「ごはんの炊ける独特の甘いいい匂い」はないです。日本米を食べていると古米以下の水準と評価されるのは仕方ないですかね。日本米が美味しすぎるのですよね。たぶん。w



翌日におにぎりにして食べてみた感想~

カルローズ米の場合、時間を置くとかなりパサパサになったのですが、オーストラリア米はそこまでパサパサにはなりませんでした。たぶんオーストラリア米のほうがカルローズ米より粘りが多いのだと思います。

事実、炊いた翌日におにぎりにしてみましたが、まあ問題なくおにぎりになりました。カルローズ米はポロポロする感じだったのでオーストラリア米のほうが日本米に近いと判断できると思います。


オーストラリア米を総合的にみて~

米の形を観ると日本米に見えますが、ブランド米(名前のわかる日本米)と比較してしまうと粘りや香りは全く勝負になりません。日本米の命はやっぱり粘りと香りだと認識されますね。

ただ、カルローズ米よりは個人的には日本米に近いかと思います。もちろん比較するのは日本米の古米のほうですが、それでも玄米で温度管理された古米には負けますかね。最近の複数原産地米の激安米は食べたことがありませんので比較はできませんが、よく安いけど不味いと聞く水準ならオーストラリア米といい勝負なのかもしれません。でも、オーストラリア米は原産地が明確な分、不安要素は少ないとは言えるかもしれません。白い米の割合も少ないですしね。


《結論》

オーストラリア米を実際に炊いて食べた感想は、カルロース米よりは上かなと思いました。ただ、やっぱりブランド米とは比較はできないかな~とも思います。

比較対象はあくまで日本米の場合、古米ですね。



次回の購入はあるのか?

次回もオーストラリア米を購入するか?と聞かれれば、この価格(5kg1230円税抜)ならありかなと思います。産地の明確な国産ブランド米は安売りで1700円以上はするので価格差は約500円です。5kgで500円の価格差は大きいですよね。

ただし、この米をずっと食べ続けられるか?となるとやっぱり国産ブランド米が恋しくなるだろうなという思います。国産ブランド米の少量パックを楽天ポイントで交換しつつ、交互に食べる分にはいいかなとは思います。


個人的感想~

アメリカ産カルローズ米よりはオーストラリア米のほうが日本米に近いと思います。イメージですがカルローズ米はタイ米に近いかな。

業務スーパーでどちらを買おうか迷うのなら、日本米に近いオーストラリア米のほうが好感が持てます。ただ、チャーハンやパラパラなごはんを使う料理にはカルローズ米が向いているかもしれません。まあ、私の場合あまりそういう料理は作らないので今後は買うならオーストラリア米になるかと思います。


以上、これが私個人の実直なオーストラリア米を食べてみた感想です。(`・ω・´)ゞ

関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ


オーストラリア米

2 Comments

みのじ  

この分析力、さすがです!

私は日本米を買っています。
あ、でもブランド物でなく、あちこちのを混ぜたのらしいですが・・・・。
10㌔で28ドル(2,060円)です。日本で買うより安いですね。
日本の超有名どころのお米だと5㌔で80ドル(5,900円)ぐらいで売っています。
あはははは、馬と牛がいる我が家で買えるわけないです~。

https://www.sunrice.com.au/products/everyday-rice/

2020/02/25 (Tue) 16:57 | REPLY |   

ひまわり  

みのじさん

10㌔で2,060円なら確かに日本で買うより安いですね。どういう仕組みですかね?w

さすがにコシヒカリは5㌔で5,900円は高い!まあ、最近はコシヒカリではなく別のブランドでも十分美味しいですけどね。

馬と牛がいると家計も大変そう。( *´艸`)

2020/02/25 (Tue) 19:29 | REPLY |   

コメント