受容と許し

受容と許しにとって障害となるのは感情だ。

感情は幼子のように制御されるのを嫌う。理論的な思考を拒絶し、時に暴走する。

感情の根源とは何か?

たぶん、それは顕在意識上での生命維持装置のようなものだろう。

恐怖は自己保存を促し、快楽は自己解放を進める。

ゆえにこの世の果てを見据える賢人たちはこれを制御すべきとあらわした。

無常に湧き上がる根拠なき感情は受容と許しの障害である。

真の受容と許しを得るには感情を制御することが必要なのだ。

それはとても困難ことであるが。
関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント