幸福の彼方にあるもの

もしも「幸福」を実現できたのなら、それが「幸福の終わり」ではないはずだ。

本当の「幸福」の存在理由は「幸福のかなたにあるもの」を見せるためなのかもしれない。

「幸福」がただの1刹那の喜びでしかないないならば、また、その「幸福」をかみしめるためだけのものでしかないならば、こんなにも「幸福」は全人類的憧れにはならなかったはずだ。

この世の「幸福」の彼方にあるものこそ、本当の「あふれんばかりの幸いに満ちた世界」が広がっているのかもしれない。
関連記事



いつもポチっと、ありがとうございます♪v(^∇^*)/^☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ 質素とエコに暮らす日々 - にほんブログ村


0 Comments

コメント